間仕切職人コラム

パーテーションの活用方法やオフィスレイアウトのポイントなどのコラムが満載!

パーテーションの種類

ローパーテーションとは?

img_24

ローパーテーションは、ネジやクランプを使った取り付け工事を必要とせず、目的の場所に持ち運んで使うことのできるパーテーションです。据え置き型パーテーションともいわれ、イベント会場、出張相談所、検診など、一時的な利用に大変便利なアイテムです。

ローパーテーションは、移動だけでなく撤去もしやすいことから、災害時には避難所でも使用されました。重厚なものに比べ、プライバシー性や遮音性、耐久性は劣りますが、軽量かつ収納に便利な設計になっているものが多く、フレキシブルな活用が可能です。
色や材質、大きさなどのバリエーションも豊富ですので、ちょっとした目隠しやインテリアの一部としてなど、アイディア次第で幅広い用途が考えられます。

取り扱いやすいパーテーション

ローパーテーションは必要な場所に持ち運んで使うことが多いため、簡単に設置や移動ができるものを選ぶことがポイントです。パネルの素材や厚みによっては、一人では持ち運びが難しいものもあり、注意が必要です。布をつかったスクリーンタイプやアルミフレームを採用したものもあります。

背の低いローパーテーションは、取扱い上は家具となります。そのため、空間を完全に間仕切るハイパーテーションとは異なり設置には届出などは必要ありません。

最近では移動に便利なキャスター付きのものが人気です。キャスターにはブレーキ機能がついているものが安全だといえます。
しかし、軽量であるために、強い衝撃が加わると倒れやすいものもあります。場合によっては脚を固定するアイテムを使用したり、L字型またはT時型に連結するなどの工夫をすると安心です。

ローパーテーションには、アコーディオンドアの様に伸び縮みするもの、マグネット式で連結・分割ができるなどもあり、車載時や倉庫保管時に省スペースで収納することが可能です。

多彩な用途でオフィスを演出

ローパーテーションは移動がしやすく、収納に便利なメリットを活かし、オフィスの様々なシーンで活用されています。
たとえば、休憩室のないオフィスでは、すぐに出し入れしやすい場所にパーテーションを置いておくと便利です。視線を遮るよう随時向きや置き場所を変えて対応します。

また、デリケートな案件を扱う相談ブースでは、遮音性には欠けるものの、ローパーテーションを1つ置くだけで相談者の心理的な安心を得ることができます。ふだんはオープンスペースになっていても、状況に応じた心配りをすることができます。

ローパーテーションは、取り付けタイプのパーテーションと同様に大きさや形、デザインや機能性など多種多様なバリエーションが展開されています。パステルカラーや木目調など、デザイン性の高いものも人気です。季節やオフィスの記念日などにあわせてパーテーションを入れ替え、写真や絵を飾るディスプレイとして活用するのもよいでしょう。